2014年07月

夕方少しだけ田んぼのチェックに・・・
相棒はcanon EOS KissX4 + SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM・・・
 
仕事を終え斑鳩の田んぼに向かう・・・
なぜなのか鳥が少ない・・・ケリの小群れとコチドリが少々+バン1羽・・・タカブシギの姿も見えない・・・
30分程散策したがしかたなく帰路へ・・・
 
帰る途中キジのメスが見える・・・その周りをごそごそ動き回る子が数羽、雛も居る・・・距離は50m程あるだろうか?綺麗に撮れる距離では無いが折角出かけたのでシャッターを切らないでかえるのも・・・と撮影を・・・
イメージ 1
ISO400でシャッタースピードは1/50前後・・・三脚とリリースを使いライブビューで撮影するも・・・
イメージ 2
いまだにライブビューで動きまわる鳥を撮るのは慣れない・・・雛は順調に大きくなり親鳥と一緒に撮れれば子鳥だとわかるが・・・
イメージ 3
1羽だけで撮るとメス鳥と見分けがつきにくい程に(距離が短ければ分かるのだろうが)・・・

今日は自転車で斑鳩の田んぼへ・・・
相棒はcanon EOS KissX4 + SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM・・・
 
昨日見つけたタカブシギの良いショットが撮れればと頑張るが???
イメージ 1
イメージ 2
なかなか近づいてはくれず難しい・・・
 
イメージ 3
イメージ 4
エンゼルポーズやノビはしてくれたのだが草カブリの場所・・・思うようには撮らせてくれない・・・
 
コチドリもこの時期が撮りやすいのだがちょこまかと良く動きライブビューを使うのが困難・・・
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
これといったショットは撮れず・・・
 
目の前に飛んできたセグロセキレイの若?・・・
イメージ 8
イメージ 9
なかなか勇ましいポーズと飛びだしを・・・
 
鳥枯れの時期は常見種が相手をしてくれるのが有りがたい・・・それでもなかなか良いショットを撮るのは難しいが・・・
 
去年に比べ今年は休耕田が少ない・・・鳥は今のところ順調に入ってきてくれてはいるのだが今後どうなる事やら・・・

夕方斑鳩の田んぼチェックに・・・
相棒はcanon EOS KissX4 + SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM・・・
 
とりあえず軽く見ながら周辺をひと回り・・・目につくのはカルガモ・アマサギ・アオサギ・コサギ・コチドリ・クサシギ程度か・・・
 
クサシギは距離があったのでスルーしコチドリで撮影の練習・・・
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
ライブビューでピントを詰めるがピンがあまい感じか???飛ばれると全くピンが追いついていない(笑)・・・
 
コチドリに遊んでもらっているとシギが出てきてくれる・・・クサシギかと思うとタカブシギ・・・今季初撮りだ・・・
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
まだ1羽のみで警戒心が強いのか近づいてはくれず・・・今年も多くのシギチが入ってくれれば良いのだが・・・

最近の鳥見は撃沈続き・・・それにしても暑すぎる・・・
夕方時間を見つけ何度か田んぼへは足を運ぶが収穫はない・・・
 
いつも顔を見せてくれるコチドリも遠い場所から近づいてくれず・・・
イメージ 1
 
唯一久しぶりに顔を見せたクサシギも50m以上の距離があり・・・
イメージ 2イメージ 3
やはりこの週末も遠征しなければ厳しいのだろうか・・・

今日は自転車で近くの田んぼをチェック・・・
相棒はcanon EOS KissX2 + SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM・・・
予備機のX2もたまには使ってやらねばと持ちだした・・・
 
鳥友さんから朝早い時間にお山行きのお誘いメールを頂いていたのだが残念ながら熟睡中で気付かず・・・昼前から近くの田んぼのチェックに出かけた・・・丁度出かけるタイミングで他の鳥友さんからメールがあり田んぼへ向かわれるよう・・・狙いはタマシギなのだが田んぼの稲が伸びており見付けるのは困難、又運良く見つけれたとしても稲被りで撮影が出来ない事が多い現状だ・・・結局タマシギは一度見かけたが稲の間を徐々に遠ざかって行き撮影は出来なかった・・・
 
アマサギはあちらこちらに居るが1羽~3羽程度・・・田んぼに入られているとどうしようもない・・・とりあえずトンボ絡みで・・・
イメージ 1
 
田んぼや休耕田はケリだらけ・・・かなりの数の雛が大きく育っている・・・
イメージ 2
 
休耕田のコチドリ・・・1羽だけなのが寂しい・・・
イメージ 3
 
オオヨシキリも多いのだが背景が住宅になる場所・・・なんとか背景のごまかせる場所に来た子を・・・
イメージ 4
 
当分田んぼでの鳥撮りは苦労しそう・・・今年も多くのシギチが入ってくれれば良いのだが休耕田が少なくなってしまっていることもありどうなるのやら・・・

↑このページのトップヘ